本家HPは↓からどうぞ。



CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| - | | - | - |
お引越し
 突然ですがブログお引越しします。
あまり深い意味はありません。
色々と不便に感じることもあったのでね。

っと言うわけで新しいブログはこちらです。
Twilightなブログver2.0
http://twilight24-25.blogspot.jp/



一応こちらのブログも残しておこうと思ってます。





にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| - | 23:03 | comments(0) | - |
クモハ132-1〜色差し&表記
 結局JRマークは塗装でやりました。
キハ58新潟色作った時よりうまくいったかな?



適当な大きさに印刷して上からマスキングテープ貼ってナイフで切り出します。
そのマスキングを使ってGM13[緑2号]エアブラシをかなり絞りめで吹くと。
クーラーと窓サッシはGM8[ステンレスシルバー]で塗装。
窓サッシ取り付けるとまた一段リアルになりますねw

そのほかの色差しは
戸窓Hゴム、運転席小窓など:MrColor73[エアクラフトグレー]
戸袋Hゴム、前面サッシなど:gaia002[ブラック]
ドアレールなど:gaia1001[ライトステンレスシルバー]

表記類は
トレジャータウン:TTL067[キハ58みよし車番・169系かもしか表記]
こいつに車番、ATS表記、エンド表記、ドアコック表記、所属表記などが入ってます。



配管の色差しもMrColor73です。
ああまだパンタ台座付けてないですね。
ついでにパンタも塗装するべきでしょうか。

近いうちにクリアを吹いてやりたいのですが、最近夜から雨が降る事が多くて。
白くなるのは勘弁ですからねー。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 22:10 | comments(0) | - |
クモハ123-1〜パイピング
 まずは配管関係の穴あけ。



割ピンの場所は0.3[mm]、他は0.4[mm]。
配管が2列並んで通っているところは0.3[mm]→0.5[mm]で開けてます。
ヒューズボックスはTOMIXのPR101だっけか。113系用のやつです。



まずは0.3[mm]の真鍮線でパイピング。
配管止めは適当な配線をバラした素線でやりました。
残りは0.2[mm]の真鍮線で。
パンタのカギ外し線?やらの浮いて止まっているやつは割ピンで止めました。



ぼちぼち完成が見えてきましたな。
JRマークどうせようか検討中。
あとは色差しして細かい表記類のインレタ貼ってボディーは完成でしょうか。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 02:16 | comments(0) | - |
クモハ123〜屋上パーツ取付
屋根のパーツをちょこちょこ付けていきます。



信号炎管、列車無線、ホイッスルを取付。この辺は余っていたTOMIX製の物を使いました。
避雷器はPR002ってやつを使用しました。
配管の台座関係はt0.3mmのプラ板。ヒューズボックスの台座はt0.5mmのプラ板を使っています。
台座の接着が完全に接着されるまで1日以上待ちます。
このあとピンバイスで穴をあけるんですが接着が十分でないと台座が剥がれます。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 00:07 | comments(0) | - |
クモハ123-1〜長野支社からの挑戦状w
 さてさて塗装です。
メタルプライマで下地処理をして、まずはストライプの白から。
gaia[011]フラットホワイトにFarbe[027]クリーム10号を少々。

そしてマスキング。
単純な塗装に見えて結構大変です。
何がってストライプですよ。
キット指定では1.6、3.2、6.4[mm]。間隔は0.5、1.1[mm]と。
そして角度も位置もビシっと決めてやらないといけません。
長野支社さんこの塗装難しいですよw
さらにこのストライプ小さいのが前面にもあります。
モデラーへの挑戦状でしょうかw
前面の窓回りも忘れずにマスキング。



マスキングができたらグレーです。
gaia011[フラットホワイト]にMrColor73[エアクラフトグレー]を少々混ぜたやつ。
かなり少なく混ぜたつもりですが、ちょっとグレーに振りすぎた感じです。
あとはもっとニュートラルなグレーを混ぜた方が良いです。
エアクラフトグレーは少々青みがかってます。

写真撮り忘れてますw
続いてグレー部分のマスキングをして赤へ。
GM[38]赤14号にMrColor[81]あずき色を混ぜてあげます。3:1ぐらい。



でマスキングを剥がすっと。



うむ。良い感じ。
パンタとクーラーは試しに載せてるだけです。
避雷器とヒューズボックス買ってきたので次はパイピングです。






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 21:36 | comments(0) | - |
クモハ123-1〜小パーツ取り付け
 ヒューズボックスと避雷器が無いのでパイピングを後回しにして、塗装時に邪魔にならないパーツを取り付けていきます。

こんな感じ。



タイフォン、テールライト、ステップ、ジャンパ栓を取り付けました。
テールライトはTTP161-21、ジャンパ栓はTTP107A/B。
この辺りのパーツはJNMAで同時販売のパーツセットで手に入れてあります。
ジャンパ栓良いですねー。

側面はこんな感じ。



ルーバーの取り付けくらいですかね。ちなみに山側、海側で数が違います。
ここまで来たら塗装に備えて洗浄。錆っぽいのを落としてピカピカに。



さらに細かい銘鈑を貼ります。
うちでは接着剤がはみ出て厄介そうなものは木工ボンドで貼り付けてます。
はみ出てたところは半乾き状態を爪楊枝で軽くこすれば取れます。
ボンドは水溶性なので洗いの後に付けています。
こう言う小さいパーツは歯ブラシでの磨きにも耐えられそうにないし。
ちなみにこちらは上の写真とは逆エンドです。

これで塗装準備完了。
今日はここまで。



まあ実は連休中に塗装まで終わっているんですがねw




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 23:50 | comments(0) | - |
クモハ123-1〜クーラー、ランボード
 屋根の続きです。
まずは下書き。



写真を見ながら行いましたが、説明書の車端から1つめのクーラー中心までの距離が間違ってる気がします。
間違ってるというか逆エンドから1つめのクーラー中心までの距離かと。
色々左右対称じゃない変わった車両ですね。

下書きが終わったらクーラーベース?を取り付ける場所を削ります。
そしてそこに0.5个離廛虍弔鯏修襪辰函Iは8个砲靴泙靴拭



このあたりは説明書じゃ省略されてます。
そしてランボードを瞬着でくっ付けます。

今回は113系用の屋根板使っているのでモールドがない配管の引き込み穴?を作ります。
穴というか四角いダクトの様なものが実車に付いています。
まずは四角く削ります。1.5*2.0伉度



そこに1亳のプラ板をはめ込み、ナイフで形を整えてあげます。



全体でみるとこんな感じ



さて次はパイピングだ。っと思ったところで何やらパーツが必要な事に気づく・・・
ヒューズボックスと避雷器が無いw

さてどうしましょうか。先に側板の細かいパーツ付けて塗装しちゃうべきか?



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 21:59 | comments(0) | - |
クモハ123-1〜屋根板
 気が向いたのでブログ村の鉄道模型のカテゴリに登録しました。
よろしければ下の方のリンクをクリックしてくださいね。
色々な加工をしているブログがあって勉強になります。
あとは皆さんちゃんと更新しているとこが凄いと思いますw
うちは平気で1か月放置するんで悪しからずw

さてさて本題。トレジャータウンのクモハ123-1です。
今日は屋根板関係です。
キット指定はGM123系の物ですがうちでは余っていた113系キットの屋根板を使います。
どちらも加工内容はほぼ同じと思われます。
まずは足りない部分の延長。



ピッタリ1仟りないです。ここは1亳のプラ板を接着。
さらに全体的に高さが足りないので0.3亳のプラ板を帯状に切り出し、裏側から貼り付けます。



これで屋根板に元々あったノリシロ部分とほぼ同じ厚さになります。
このままだと側板とのノリシロが無いので1.3佗に切った1亳のプラ板を接着。



こんな感じ。説明分かりづらくてスイマセン。
キットの車体幅に対して若干屋根板の幅が広いので両サイドを紙やすりで軽く削ってあげます。
雨どい分ちょうど飛び出るのが目標。



屋根板のサイズが整ったら車体にはめ込み、裏から瞬着を流し込んで固定。
ついでに前面と屋根板の間にも継ぎ目消しのために瞬着を流しておきます。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 00:03 | comments(0) | - |
クモハ123-1〜前面
 さてさて続いて前面です。



一通り手すりの下穴が開いているのでそこを0.3个離團鵐丱ぅ垢嚢げてやります。
で内張りと外張りをくっ付ける。
サイドは箱組するときにハンダが回るので真ん中で固定しました。

そしてこのキット最大の難所と思われる前面サッシw



右のパーツを左のように曲げてやるんです。
キットの説明にもあるように裏からPカッターで筋入れてから曲げてますがやはり微妙。
特にサイドの下の辺り。こいつを上の前面に付けてやります。
R部分には裏からハンダを流しておきました。さあどうなることやら。
あとはセオリー通りにL字に組んで箱組。
そしてこんな感じ。



角に軽くハンダを盛ってあります。
次は屋根板ですね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 00:21 | comments(0) | - |
クモハ123-1〜側窓サッシ
 側窓のパーツ構成はこんな感じです


先にギラギラしているやつを付けて、塗装後2段窓の表現があるパーツを付けます



こいつの位置決めはかなり正確にやる必要がありますね
外側から見てすべての窓の下段から均一にこのパーツの上下方向のラインが見えればおkでしょう
写真撮っても細かすぎてうまく写りませんでしたw
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ  ←参加しています。よろしければクリックお願いします。
| クモハ123-1 | 01:00 | comments(0) | - |
| 1/37PAGES | >>